RSSフィード

鯉の料理をご存知ですか?


鯉の料理と聞くと、私は味噌味の汁物を思い浮かべてしまいます。 小さい頃、父親がよく作ってくれた鯉料理です。 料理の名前は鯉こくだったように記憶しています。そして、鯉こくに加えてもう一品、よく父親が作ってくれた料理がありました。 その料理は鯉のあらいというもので、我が家では甘い酢味噌につけて食べていました。私にとっては、鯉料理は父の思い出と強く結びついています。

川魚なので、独特の臭みが鯉にはあるのですが、今ではその臭みが大変懐かしく感じます。 食べ物には臭みを旨味と感じてクセになるものがあると思いますが、鯉料理もその一つなのではないかと思います。 川魚独特の風味がクセになって、鯉料理が好きという方もいるのではないでしょうか。

ただ、川魚の泥臭さが嫌で、鯉料理が苦手という方もいるようです。 川魚は1日程度キレイな水に入れておくと泥臭さが抜けるようですから、鯉を料理するときもそうすると良いでしょう。 また、泥臭くない鯉が販売されているようですから、そのようなものを購入して料理をすると良いと思います。

鯉料理は、私の父親が作ってくれた料理以外にも様々あるようです。 甘辛く煮た鯉のうま煮や、塩を振って丸ごと焼く塩焼き、うろこを煎餅風にした料理もあります。


鯉料理、鯉の甘煮、鯉のあらい、鯉の切り身、活鯉、
鯉料理店、通販、店舗販売の専門店

    鯉料理の専門店「鯉の三の宮松田」
    〒959−1708 新潟県五泉市三の宮甲841番地

お問い合わせ

鯉専門店「鯉の三の宮松田」インターネットショップ
メールでのお問い合わせはこちら  : メール
ネットショッピングと店舗情報は    : http://www.koi3.net/